トップ «前の日記(2010-10-30 Sat.) 最新 次の日記(2010-11-03 Wed.)» 編集

おだやかな幸せ


2010-10-31 Sun. [長年日記]

_ 真綿荘の住人たち (島本理生)

久しぶりに読んだ島本理生の作品.下宿を舞台に繰り広げられる楽しかったり,切なかったりのお話.

下宿で展開される話といった舞台設定や始めから中盤までは楽しめたんだけど,最後の話は違和感というか腑に落ちない感じ.

Tags: book

_ ネイチャー・センス展@森美術館

ネイチャー・センス展を見に六本木の森美術館へ.吉岡徳仁,篠田太郎,栗林隆の 3人それぞれのインスタレーション.

企画展では珍しく条件付きで撮影 ok だったのが嬉しかった.

吉岡徳仁の《スノー》.羽毛がファンによって舞い上がり,ゆっくりと降ってくる光景は雪が降るのイメージそのもの.

同じく吉岡徳仁の《ウォーターフォール》.スペースシャトルにも使用されているという光学ガラス.4.5m という巨大な塊は,表面の波を打ったような形からも連想できる水のイメージ.《ウォーターフォール》がある部屋も《スノー》がある部屋もそうなんだけど,壁面の明暗無く均一な真っ白い面照明が印象的.

篠田太郎の作品は映像作品もあったけど,《銀河》というインスタレーションが印象的.京都の東福寺にある重森三玲の東庭の北斗七星をモチーフにしたという作品.円形の池に天井から50以上の水滴が同時に落ち,波紋を形成.部分部分が星座の配置になっていて,北斗七星はもちろん,オリオン座など様々なパターンを表現.

栗林隆の作品では和紙とパルプでできた《ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)》.頭上に開いている穴から顔を出すと白い木々が見え,そこは地下の世界から地上の世界を見る虫の視点の風景が展開.作品を体験した後で調べてみたら,十和田市現代美術館の作品も同じ作家のものだった.なるほどね.

いずれの作品とも共通して規模が大きいのでその点も楽しめました.

ネイチャー・センス展吉岡徳仁:スノー《この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています.》吉岡徳仁:ウォーターフォール《この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています.》吉岡徳仁:ウォーターフォール《この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています.》篠田太郎:銀河《この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています.》栗林隆:ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)《この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています.》

Tags: art

Powered by 東京アートビート