トップ «前の日記(2009-12-26 Sat.) 最新 次の日記(2009-12-30 Wed.)» 編集

おだやかな幸せ


2009-12-27 Sun. [長年日記]

_ きつねのはなし (森見 登美彦)

京都を舞台にした妖しい幻想的なお話が 4編.著者には三男と呼ばれている作品.

長男「太陽の塔」,次男「四畳半神話体系」とはまた違った少し怖めの怪しい話は楽しめました.

Tags: book

_ お稲荷さんが通る (叶 泉)

著者のデビュー作.

設定などはなかなか面白いことになっているけれど,話としては結論までが一本道というか割とあっさり目でした.そういう意味では脇道に反れてマリリンや華ちゃんの話をもうちょっと深く読みたかったかも.

Tags: book

_ 百瀬,こっちを向いて.(中田 永一)

恋愛ものなんだけど,巧妙に?? 仕掛けがあってどんでん返しがあったり,ニヤリとさせる場面があったりしてなかなか...

Tags: book

_ 女の子が幸せになる子育て (漆 紫穂子)

タイトルに釣られたなぁ,というのが最初の正直な感想.

それは特に《女の子》と限定する必要が無い内容で《男の子》にも言えることだし,夫婦の間にも言えたり,部下との関係にも言える,コミュニケーション一般に適用できる話やカウンセリングの話が多かったから.

個人的には既にどこかで聞いたことがある話が多かったです.じゃぁ,それを実践できる(できている)のか?? というところが問題なんでしょうね.

Tags: book

Powered by 東京アートビート