トップ 最新 追記

おだやかな幸せ


2009-12-03 Thu. [長年日記]

_ Google 日本語入力

突然,Google から IME Google 日本語入力が登場.Google のシステムとして有名な 20% プロジェクトから誕生したそうです.

Web から機械的・自動的に辞書を生成することで、人手ではカバーしきれないような、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録しています。高い変換精度を実現するために、Web 上の大量のデータから統計的言語モデルを構築し、変換エンジンを構成しています。(公式 blog より)

というだけあって,宮崎あおい,蒼井優,堀北真希,香椎由宇,中谷美紀,戸田恵梨香,上野樹里など完璧な変換 :-)《宮崎あおい》は《宮﨑あおい》が正解だけど,これは Web から機械的・自動的に辞書を生成する関係上,仕方のないことなのかな.

英語キーボードだと IME on 時はキー配列が英語配列で問題ないんだけど,IME off 時に日本語配列になっちゃうような気が...


2009-12-05 Sat. [長年日記]

_ 内藤礼 すべて動物は,世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している@神奈川県立近代美術館 鎌倉

内藤礼の美術展を観に神奈川県立近代美術館 鎌倉へ.

人が少ない空いている時間帯が良いこのことだったので,開館すぐの朝一で行ってきました.内藤礼の作品は直島の家プロジェクト《きんざ》での作品や横浜トリエンナーレ 2008 で三渓園にあった作品は観たことがあるんですが,個展は初めて.作品は 5点というか,5種程.

最初に入った第一展示室《地上はどんなところだったか》という作品.暗がりの中に風船がプカプカと浮いてます.ガラスにその様子が反射して見える風船とガラスケースの中の風船の関係性がなんとも不思議な感じ.そして,面白い演出が.ある意味,作品と一体化というか,自分自身も作品の一部となってしまえる演出.これまでに無い体験でした.

中庭にある 8m程の長さのリボンが風に吹かれている《精霊》という作品.ずーっと眺めていると時折見られるリボンが作り出す予測不可能な形,動きの滑らかさ,そのゆったりとしたスピード.全てが偶然により成り立つ美しさに時間を忘れて見入ってしまいます.作品の性質上,雨が降っていない,適度に風がある日に行くのがオススメです.

布が敷き詰められている《地上はどんなところだったか(母型)》という作品が展示してある 2Fの第2展示室にある《恩寵》という紙製の作品.一見すると白い円柱ですが,近づいてみると円形の紙が積み重ねられています.持ち帰れるんですが,真ん中をよーく見ると... '!!'.その意味は図録を観るまで分からなかったです.

1Fの階段そばにある《精霊(わたしのそばにいてください)》というボタンを使った作品.よくよく注意しないと見逃してしまいそう.こういう作品,好きです.

この美術展は,明日 12/6 の NHK 新日曜美術館のアートシーンで紹介されるようです.

Tags: art

_ グランド・イルミネーション@アメリカ海軍横須賀基地

その後,アメリカ海軍横須賀基地へ.クリスマス・イルミネーションの時期なのでこの日は第3回グランド・イルミネーションで一般開放日なのです.

今年の艦船見学はアメリカ海軍の空母《ジョージ・ワシントン》と自衛隊の護衛艦《ひゅうが》.12:00-15:00 と時間限定ですが,なんとも豪華な組み合わせ.これまで何度か横須賀基地に行ったことはあったんですが,空母は初めて.

ゲートでの手荷物検査の行列が激しかったものの,金属探知機を通過していつもの Anthony's Pizza やギャートルズ風《あの肉》の店を横目にジョージ・ワシントンへ.乗船は混雑も無くスムーズでした.

乗り込むと,通常は格納庫として利用しているところに出ました.さすがにこの日は戦闘機は一機も無く,がらんとしてます.その大きさにただ圧倒されっぱなし.ジョージ・ワシントンを無理矢理垂直に立ててみると高さは東京タワーくらいの大きさなんだそうです.

格納庫部分から甲板へは階段でも使って登るのかと思っていたら,航空機用の超巨大エレベータを使ってピストン輸送.超巨大な割にはなかなかのスピードと乗り心地.このエレベーター,何人乗りかと言うと... 写真載せるんで,数えてみてください.このサービスっぷりだけでお腹いっぱいです.

格納庫には戦闘機は無かったですが,甲板には展示用の F18 ホーネットが触り放題,見放題状態なのでかなりの人だかりに.下りは下り用エレベーターで.先程の格納庫を通り抜けて船を降ります.

Tags: life

_ 護衛艦 ひゅうが

次は海上自衛隊の護衛艦《ひゅうが》へ.この頃から雨が気になるくらい降ってきました.今年就役したばかりなので,見るからに新しさを感じます.

乗り込むとまずは格納庫へ出ます.そこから甲板へ上がるんですが,ここでも航空機用エレベーターに乗せてくれました.ただ,ジョージ・ワシントンのエレベーターと比べるとかなりゆっくりしたスピード.かわいいもんです.もしかして,有事の際は速くなるのかな??

甲板には展示用のヘリが一機居るくらいで,人は多いもののがらーんとしてます.いよいよ雨が激しくなってきたので,クリスマス・イルミネーションを観る前に早々と退散.

Tags: life

2009-12-06 Sun. [長年日記]

_ あるキング(伊坂幸太郎)

今までの伊坂作品とは明らかに違う作風にハマれるかどうか,という点でいくと個人的には...

Tags: book

_ 自転車で東京建築さんぽ - 明治・大正・昭和篇(小林一郎 + 寺本敏子)

東京にある明治,大正,昭和期の建築をエリア別に自転車で見て回るコースガイド.

収録されているコースは,皇居周辺,上野,浅草,本郷,神田・お茶の水,目白,駒込,芝,銀座・築地,佃島,本所・深川,世田谷,千住・柴又,荒川の 8コース.

建築写真のレイアウトが美しくないのが残念.希望としては地図と建築写真は同じページに掲載して欲しいところ.分岐点や曲がり角の地図上の目印も増やして欲しいし,あとは坂なども考慮したコース走行の目安時間があると良いのかも.

後楽園・本郷浅草にはそこそこ安価なレンタサイクルがあるようなので,是非行ってみたいけれど,この季節寒いので初夏の頃に...

Tags: book

2009-12-08 Tue. [長年日記]

_ ケータイ国盗り合戦が iPhone 対応に

ようやく... という感じ.

ちょっと使ってみたところ,cookie の保存がうまくいっていないのか,アクセスしてしばらく時間が経つとログアウト状態になってしまうようです.これはちょっと使い勝手が...

で,docomo + iPhone 使いとしては国盗りの iPhone 対応で docomo を捨てられるか,ということになるわけですが結論としては微妙な感じ.位置ゲーはこのケータイ国盗り合戦 + コロプラ + ケートラと 3種類遊んでいるんですが,この 3種類の中で iPhone に対応したのはケータイ国盗り合戦が初めて.仮にコロプラが今後 iPhone に対応したとしても,ケートラは Flash を使っているので,現在の iPhone OS では対応がほぼ不可能な状態.というわけで,docomo + iPhone の 2台使いを辞めることは難しそうです.

Tags: game

2009-12-09 Wed. [長年日記]

_ 湯川潮音 / Sweet Children O'Mine

今日発売の湯川潮音のアルバム Sweet Children O'Mine.

今回のアルバムは全曲がカバー.ライブでは良くカバーをやっていますが,ライブで聞いたことがある曲やら彼女が歌うのを初めて聞く曲やら色々収録されています.

  1. Don't Look Back In Anger (Oasis)
  2. To Be With You (Mr. Big)
  3. No Suprises (Radiohead)
  4. Sweet Child O'Mine (Guns N'Roses)
  5. Dont's Worry, Be Happy (Bobby Mcferrin)
  6. I Want You Back (The Jackson Five)
  7. Don't Get Me Wrong (The Pretenders)
  8. Angel (Aerosmith)
  9. Turn! Turn! Turn! (The Byrds)

というわけで,クリスマスライブと年明けのツアーが楽しみ.《ルビー》が収録されたオリジナルアルバム,早く出ないかなぁ...

Tags: CD

2009-12-10 Thu. [長年日記]

_ TOKYO HEART

今月はやけに更新が遅かったですが,ようやく...

_ ハブと拳骨

色や質感が昭和の映画っぽくて,なんだか懐かしい感じ.ギラギラしたヤクザな男達がゴリゴリする話の舞台は 1960年代,返還前の沖縄コザ.エンドロールを見るまでタイでロケをしたことなど全くわからないくらい違和感が無かったです.

宮崎あおいの役どころはヤクザ兄弟の妹で,石田えり演じる母親のソーキそば屋をお手伝いする杏.後半,意外なほどに家族愛を感じさせる話になっていき,あおいちゃん演じる妹の健気さが可愛すぎました.2006年の作品ということで,久しぶりに見た若いあおいちゃんでした.

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ satot [撮影のために半蔵門線動かす調整に難航したとオモワレ:-)]

_  [さすがにそこまで撮って出しじゃないんでは. 11月のポスターの Echika 池袋オープンを長く告知したかったから?..]


2009-12-11 Fri. [長年日記]

_ お正月は列車でふるさとへ.

JR 東日本のお正月は列車でふるさとへ.のキャンペーンポスター.

なんだか気になるイラストです.イラストレーターのりたけの作品.

Tags: design

2009-12-12 Sat. [長年日記]

_ カキを食べに松島へ

冬の18きっぷ解禁の最初の週末.

牡蠣を目当てに仙台方面へ.仙台で牡蠣といえば某氏と数年前に入ったかき徳のことを思い出しますが,この日は仙台から更に足を伸ばして日本三景の一つ松島へ.お店は松島駅から徒歩15分くらいの漁港の中にあるかきの里.殻付きの牡蠣を自分で炭火で焼いて頂けるお店です.

まずはセットの選択.3種類のセット(A:牡蠣だけ,B:牡蠣+ホタテ,C:牡蠣+ホタテ+アナゴ)から好きなセットを選びます.オプションでカキ飯+カキ汁も選べます.後は道具を渡されて.御自由にお焼きくださいというシステム.

焼き方は簡単.牡蠣の開き口を自分の方に向けないように炭火に乗せ,表面が乾いたら食べごろと教えてもらいました.基本,自分で焼いて食べるんですが,店のおじちゃん達が世話を焼いてくれ,牡蠣の殻を開けてくれます.おじちゃん,ありがとう :-)

食べる前,醤油があるかと聞いたら,醤油なんて要らないよ,と言われ食べてみて納得.程よい塩味になっていて美味.一人20個は多いと思ったら,カキ飯 + カキ汁までペロリと頂いちゃいました.大変おいしゅうございました :-)

電車の都合で この日から始まった SENDAI 光のページェントも見ずに仙台を後にし,常磐線経由で帰路へ.途中,強風で 1時間程電車が停車するもなんとか間に合って自宅に帰宅.

裏目的だった国盗り絵巻回収も栃木県で那須ハイランドパークを回収.宮城県では牛タン,仙台牛詰め弁当,松島水族館を回収し宮城県完了.現在の進捗は 32% とまだまだ続く...

Tags: travel

_ 生命保険のカラクリ (岩瀬大輔)

独立系保険会社としては 74年ぶりに新たに誕生し,2008年5月に営業を開始したライフネット生命の中の人による生命保険のしくみについての本.

生命保険という商品のコスト構造や商品の特性「貯蓄」と「保障」の話,国の健康保険と民間の医療保険の話などが分かりやすく解説されています.

ライフネット生命に対する心理的ハードルが低くする本,というのは穿った見方ですが,言っていることは論理的で正論なので生命保険に加入していないヒトが読めば商品選択の有益な情報になる気がします.中の人による会社立ち上げのノンフィクションものを是非読んでみたいです.

(2010.3.1追記) 2010.4.15 まで,PDF で全文ダウンロードできます.素晴らしい.

Tags: book

_ キャンセルされた街の案内 (吉田修一)

短編が10編程.話同士のつながりは無く散らかった印象でしたが,タイトル作の《キャンセルされた街の案内》の《キャンセルされた街》が以前から一度行ってみたいと思っていた某島のことだったので,話の内容よりもそちらが気になってしまいます.

Tags: book

_ 原初的な未来の建築 (藤本壮介)

先日,NHK トップランナーにも出演していた建築家,藤本壮介.

藤本作品を最初に見たのは 2月で,宇都宮にある東京ガスの SUMIKA プロジェクトの作品.開口部が多くて,家の中に居ても外とのつながりを強く感じられるという意味では内と外との連続性が強く感じられる作品でした.

本書にはこれまでの作品の 10 のデザインコンセプト?? が書かれていて,発想の源に触れることができた気がします

Tags: 建築 book

2009-12-13 Sun. [長年日記]

_ Wyolica 10th Anniversary Year "冬の LIVE"

wyolica のデビュー 10周年記念ライブを観に東京グローブ座へ.

もうかれこれ 10年近く聴いてますが,ライブに行くのは初めて.久しぶりだったというバンド構成も良かったし,アコースティック・コーナーもあったりして,色々楽しめ盛り上がれました.是非聴きたいなぁと思っていた《恋のうた》が 2曲目で聞けて,それはそれはもう大満足.初期の曲から新曲まであっという間の 2時間半.何より,演奏している本人たちの楽しさが伝わるライブで,なんとも良かったです.

来年にはニューアルバムも出すようで,デビュー 10周年の楽しみはまだまだ続く...

Tags: live

2009-12-17 Thu. [長年日記]

_ あくまであっちがオマケです

朝からなんだか調子が悪いので後半休みにして早めに家に帰ると某キャンペーンの 1TB HDD が届いてしまいました.オマケの方は発送前みたいなんですが,引越前に届いてしまったら置き場所が無いのでどうしようかとビクビクしてます.

Tags: life

2009-12-22 Tue. [長年日記]

_ TOKI ASAKO Xmas Live ~SMOOTH Side~@浜離宮朝日ホール

年末最終出社日.クリスマス前なので違和感を感じながらも「今年もお世話になりました」「良いお年をお迎えください」とか年末の挨拶もそこそこに定時で会社を抜け出し,築地にある浜離宮朝日ホールへ.

土岐麻子のクリスマス・ライブは SMOOTH Side と Groove Side の二つあって,こちらはクラシック・ホールで落ち付いて聞ける SMOOTH Side の方.初めて行ったのホールだったんですが,見やすくて良い会場でした.Cymbals 時代の曲を 2曲(Love Thing, December's Children)も聞けたし,PLAY OUR LOVE'S THEME が聞けたのも良かったです.

ただ 80分程と時間が短かったのは,個人的にはちょっと物足りない感じ.もう少し聞いていたかった...

Tags: live

_ 錬金術??

バス共通カードのサービスが終了だそうです.

で,

未使用または残額のある東京都交通局発行のバス共通カードにつきましては、使用終了日の翌日から5年間(平成22年8月1日から平成27年7月31日までの間)、無手数料にて払戻しいたします。

とあるんですが,プレミアム分の扱いが気になります.まさか,5000円で購入したバス共通カードを 5850円で払戻してくれるってことは無いですよね,さすがに...

プレミアム分を使い切った残額 5000円のカードの払い戻し金額は 5000円?? う~ん.

Tags: life
本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_  [クリスマスイヴ+クリスマスは色々と忙しいんですってば :-)]

_ satot [そんな無理しなくても:-p バス共通カードの払戻はプレミアはカウントされず、購入価格から使用額を引いた金額のようで..]

_  [本体価格での買取ってことですか... > バス共通カード 金券屋で4950円で購入して5000円で払い戻すと利益 1..]


2009-12-24 Thu. [長年日記]

_ 湯川潮音ライブ@ラフォーレミュージアム原宿

Shione Yukawa presents Christmas Silent Orchestra ということで,湯川潮音のクリスマスライブを聴きにラフォーレミュージアム原宿へ.

いつものライブとは違い会場の入り口階段付近からインスタレーションがあり,なんだか違った気分に.そしてこれまでとは違う感じのヘアメイクと衣装にちょっとビックリ.ビックリさせることが狙いだったのならまんまと,という感じだけど個人的にはアンコールの時の方が落ち着いていて良かったなぁ.

曲は先日発売されたニューアルバム Sweet Children O'mine とメジャー・ファーストアルバム湯川潮音からの曲が中心.バンドも過去最大構成?? でストリングスも居たりということで,なかなか聴きごたえがありました.

表参道のイルミネーションは SANAA (妹島和世 + 西沢立衛) 設計の Dior 表参道の真っ赤な姿がとても印象的.

《セットリスト》

  1. Don't Worry, Be Happy
  2. 風よ吹かないで
  3. I Want You Back
  4. エデンの園
  5. 長い冬
  6. Cycle
  7. しずくのカーテン
  8. 雪のワルツ
  9. 妖精のうた
  10. Don't Look Back in Anger
  11. キルト
  12. 蝋燭を灯して
  13. Angel
  14. 深夜高速
  15. No Surprises
  16. クリスマスキャロルメドレー

〈アンコール〉

  1. 渡り鳥の3つのトラッド
  2. レクイエム

湯川潮音
湯川潮音
EMIミュージック・ジャパン
¥ 2,100

Tags: live

2009-12-25 Fri. [長年日記]

_ 巨大ラバーダッキーちゃん再び

冬の 18きっぷの旅第二弾.OSAKA 光のルネサンス 2009 で巨大ラバーダッキーちゃんが再び来るというので大阪へ.

東京 -> 熱海 -> 静岡 -> 掛川 -> 豊橋 -> 大垣 -> 米原 と乗り継いで大阪に到着.

9月に見に行った時と違って,今度のラバーダッキーちゃんは岸側に顔を向けてくれた+ライトアップなのでより楽しめました.船が近くを通るようになったからか,波が立つとフンフンうなずくように揺れる仕草がなんともカワイイです.

Tags: travel

_ チャスカ茶屋町 (設計:安藤忠雄建築研究所)

久しぶりの安藤忠雄設計の商業施設.でもまだ建設中です.場所は梅田の少し北にある茶屋町.

下層部の柱のパターンはどことなく前田建設工業関西支店の MKD10 ビルに似ている感じ.敷地の形が長方形ではないのと,上層部と下層部を分けているので建物自体が単調でないところが面白いです.上層はマンション?? になっている様子.2010年春頃完成のようです.

Tags: 建築

2009-12-26 Sat. [長年日記]

_ えちぜん鉄道に乗って恐竜博物館絵巻を盗りに行く

冬の 18切符の旅の続き.大阪から金沢へ.大阪 -> 敦賀 -> 福井 -> 山王 -> 福井 -> 金沢と乗り継ぎ.

福井駅からえちぜん鉄道に乗り換え.この日は土曜日だったので,一日乗車券を購入して山王駅へ.福井県内は先週の大雪がまだ残っていて,一面の雪景色です.山王駅に到着し,ケータイ国盗り合戦 観光名所シリーズ絵巻の恐竜博物館をゲト.そしてそのまま福井駅にトンボ帰り.

えちぜん鉄道は何年か前に第三セクター化されたときにアテンダントが乗務するようになったそうで,切符の販売や観光案内をしてくれます.車内での振舞いや電車を降りた後も社内から見送ってくれたりする姿を見ているとホスピタリティについて考えさせられます.本が出版されているので,そのうち読んでみることに.

_ オラファー・エリアソン展 ~あなたが出会うとき~@金沢21世紀美術館

オラファー・エリアソン展を観に金沢21世紀美術館へ.10月にハラ ミュージアム アークで見た新作が Olafur Eliasson の作品との初めての出会いでした (たぶん).

光,影,色,霧,風,波といった自然現象を取り込んだ作品が多いので,どの作品も直感的で分かりやすかったです.

特に印象的だったのは《Your atomospheric colour atlas, 2009:あなたが創りだす大気の色地図2009年》という作品.展示室全体が霧で満たされ,天井から光の三原色である RGB (赤緑青) の光源で照らすことで 3つのエリアに別れ,それぞれの色で満たされた空間.その中を歩きまわれる面白さ.なんとも幻想的な作品でした.それぞれの境界を良く良く見ると混ざり合った色が見えてきてまたそれが心地よい感じ.

Tags: kanazawa art

_ 当房優子の色あわせの楽しみ@金沢21世紀美術館 デザインギャラリー

色とりどりのバッグやマフラーは当房優子によるもの.

カワイイものが多くてそれはもう...

Tags: kanazawa art

_ ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ

石川県立美術館内にあるル・ミュゼ・ドゥ・アッシュへ.今年の夏は残念なことにケーキが売り切れだったんですが,今回ようやくという感じ.フロマージュクリュとモンブランを購入.

フロマージュクリュはそれはそれは濃厚なケーキです.モンブランは,表面の状態が中まで続いているのかと思ったんですが,そうではないところが少し意外でした.

おいしゅうございました :-)

Tags: kanazawa food

2009-12-27 Sun. [長年日記]

_ きつねのはなし (森見 登美彦)

京都を舞台にした妖しい幻想的なお話が 4編.著者には三男と呼ばれている作品.

長男「太陽の塔」,次男「四畳半神話体系」とはまた違った少し怖めの怪しい話は楽しめました.

Tags: book

_ お稲荷さんが通る (叶 泉)

著者のデビュー作.

設定などはなかなか面白いことになっているけれど,話としては結論までが一本道というか割とあっさり目でした.そういう意味では脇道に反れてマリリンや華ちゃんの話をもうちょっと深く読みたかったかも.

Tags: book

_ 百瀬,こっちを向いて.(中田 永一)

恋愛ものなんだけど,巧妙に?? 仕掛けがあってどんでん返しがあったり,ニヤリとさせる場面があったりしてなかなか...

Tags: book

_ 女の子が幸せになる子育て (漆 紫穂子)

タイトルに釣られたなぁ,というのが最初の正直な感想.

それは特に《女の子》と限定する必要が無い内容で《男の子》にも言えることだし,夫婦の間にも言えたり,部下との関係にも言える,コミュニケーション一般に適用できる話やカウンセリングの話が多かったから.

個人的には既にどこかで聞いたことがある話が多かったです.じゃぁ,それを実践できる(できている)のか?? というところが問題なんでしょうね.

Tags: book

2009-12-30 Wed. [長年日記]

_ しあわせのかおり

前向きに生きるシングルマザーと地元の人たちに愛されている中華料理店店主.

ストーリーは予定調和的である意味安心して見れるお話.で,ストーリー自体の少しの物足りなさは美味しそうな料理が満たしてくれました,という感じ.舞台が金沢なんですが,先日行ってきたのは偶然です.

料理人の中谷美紀は凛としていて優しくて美しくて,目当ての方にはオススメ.にしても,あの美味しそうな《トマト卵炒め》は是非食べてみたい...

Tags: DVD

_ ある日の村野藤吾 (村野敦子)

建築家 村野藤吾の 74歳から亡くなる93歳までの日記と手紙の一部と孫で写真家の著者の作品で構成される村野本.

出だしが 84歳の時のアメリカ旅行記からとまずその年齢に驚き,更に衰える事の無い研究熱心さにも驚かされます.旧赤坂璃宮(迎賓館)の改修への村野の想いには熱いものがあり,個人的には来年,是非とも見学してみたくなりました.

Tags: book

_ 村野藤吾建築案内

おなじみ建築マップシリーズですが,これまでの地域別とは違い,建築家個人にスポットを当てた初の建築マップ,村野藤吾建築案内.

135作品程掲載され,その内81作品は地図付きです.教会・修道院・寺院,美術館,ホテル・迎賓館,料亭・旅館・茶室,銀行,店舗・百貨店,劇場・ホール・公会堂,会館,庁舎・公共建築,大学・高校,事務所,住宅,その他と目的別に掲載されています.

関西に作品が多い村野藤吾ですが関東の作品もこの本で紹介されているので,個人的には某社の某ビルに通う際に毎日その前を通る《森五商店東京支店(現:近三ビルヂング):1931年》や子供の頃から何回か行っている《日本生命日比谷ビル(日生劇場):1963年》や《読売会館・そごう東京店 (現ビックカメラ):1957年》あたりが馴染み深いんですが,それ以外の関東にある魅力的な作品も知ることができたのが嬉しいです.

建築家別の建築マップの企画は継続して出版して欲しいところ.

Tags: book

_ 村野藤吾 建築とインテリア

2008年に開催された松下電工汐留ミュージアムでの村野藤吾展の図録.

この展覧会には行かなかったのは浅はかだったなぁ...

Tags: book

Powered by 東京アートビート