トップ «前の日記(2009-08-14 Fri.) 最新 次の日記(2009-08-17 Mon.)» 編集

おだやかな幸せ


2009-08-15 Sat. [長年日記]

_ 越後妻有アートトリエンナーレ 2009 (day2) 津南エリア + 中里エリア + 十日町南部エリア

二日目.

朝,津南のひまわり畑に寄ってから津南エリアと中里エリアと十日町東部エリアの作品を観て回りました.途中,清津峡の清津川の川縁で休憩したんですが,足を川に入れるとヒンヤリ気持ちが良かったです.松代エリア + 松之山エリア + 十日町エリアの残りは次回に持ち越しってことで.

そういえば,23日(日) 9:00~ 放送予定の NHK 新日曜美術館で越後妻有アートトリエンナーレ 2009 の様子が放送されるようです.

廻った順に書いてみます.

  • 作品番号:作家名《作品名》
  • 106:本間純《Melting Wall, 100年前》
  • 91:管懐賓(グァン・ファイビン)《時を越える旅》
  • 92:田京子(チョン・キョンジャ)《自然と生の痕跡の共鳴》
  • 100:滝沢達史《やまもじプロジェクト》
  • 101:ステファン・バンツ《私たちのための庭園》
  • 94:馬文(ジェニファー・ウェン・マ)《何処へ行き着くのかわからない、でも何処にいたのかはわかる?》
  • 90:瀧澤潔《津南のためのインスタレーション—つながり—》
  • 136:ダダン・クリスタント《カクラ・クルクル・アット・ツマリ》
  • 135:山田良+山田綾子+札幌市立大学山田ゼミ《中里村重地プロジェクト/重地あぜみち学校2009 パーフェクト・アース・プロジェクト》
  • 123:ケース・オーエンス《ストーン・フォレスト》
  • 126:青木野枝《LIKE SWIMMING》
  • 128:芝裕子《大地のグルグル—2009tomato—》
  • 129:青木野枝《空の粒子》
  • 130:富山妙子《アジアを抱いて—富山妙子の全仕事展1950~2009》
  • 131:東京電機大学山本空間デザイン研究室+ 共立女子大学堀ゼミ《うつすいえ》
  • 119:山本想太郎《建具ノニワ》
  • 120:高橋治希《蔓蔓》
  • 117:内海昭子《遠くと出会う場所》
  • 115:小原宏貴《側溝沿いの無限大》
  • 107:昭和女子大学藤澤忠盛研究室 +長岡造形大学新海研究室《里山カーゴ・里山と食文化を求めて−》
  • 109:磯辺行久《古信濃川の自然堤防跡はここにあった》
  • 108:水澤尚子《ふるさと》
  • 108:富永敏博《かき氷マウンテン》
  • 26:南雲由子《Scrap and Bride》
  • 24:石塚沙矢香《うかのめ》
  • 23:アントニー・ゴームリー《もうひとつの特異点》
  • 22:彦坂尚嘉《フロアーイベント2009》
  • 137:ヨブ・クーレワイン《温床》は調整中のため観れず.

この日観て回った中で印象に残った作品は何と言っても 120:高橋治希《蔓蔓》です.九谷焼の陶器の花びらの木が部屋をはみ出さんばかりの勢いで生い茂っている様はなんともはかなくて美しかったです.

その他では,一階と二階の対比もおもしろい 90:瀧澤潔《津南のためのインスタレーション—つながり—》,ほぼ無風だったのが残念な 136:ダダン・クリスタント《カクラ・クルクル・アット・ツマリ》,もうちょっとカラフルな花が咲いていて欲しかった 117:内海昭子《遠くと出会う場所》,淡い色の刺繍がカワイイ 108:水澤尚子《ふるさと》,天井,床,4面の壁から出たワイヤーが集まる中心部が圧巻な 23:アントニー・ゴームリー《もうひとつの特異点》あたりでしょうか.

【番外編】ツボだったのは作品番号 100 のそばにある作品番号 100.5 の作品.ちっちゃいので見逃しちゃうかも :-)

Tags: niigata art

_ 小嶋屋総本店

へぎ蕎麦再び.十日町市にある小嶋屋総本店へ.近所に越後十日町小嶋屋本店があるので,混乱しそうです :-)

布海苔そば発祥のお店,サイドメニューが充実.天へぎをオーダー.この日の天ぷらはかき揚げ,茄子,海老,しし唐でした.しっかり目の歯ごたえと喉越しでおいしゅうございました.

Tags: niigata food

Powered by 東京アートビート