トップ «前の日記(2009-02-19 Thu.) 最新 次の日記(2009-02-26 Thu.)» 編集

おだやかな幸せ


2009-02-21 Sat. [長年日記]

_ SUMIKA Project 見学会@宇都宮

SUMIKA Project の見学会に行ってきました.SUMIKA Project は東京ガスの住宅プロジェクト.4人の建築家の 4作品がこの程完成しました.一般向けの見学会は初めてなんだそうです.場所は栃木県の宇都宮.東武線を乗り継いでぼちぼちと.昼過ぎに到着です.

集合場所は東北新幹線の高架沿いにある東京ガスの整圧所 .大きなガスタンク(正式名称はガスホルダーなんですと)が目印です.作品の敷地は元社宅だったところを活用したとのことで,この以外の 2ヶ所に分散してます.

見学ルートは宇都宮のハウス -> House before house -> コールハウス -> SUMIKA パビリオン.作品は集合場所から離れているでバスで移動.全60名程がバスに分乗して移動する全行程 2時間程のツアー.

参加者は建築系のお仕事の方と建築系の学生さんがほとんど,と中の方のお話.最後のパビリオン以外は見学時間が長かったので,タップリと見学できました.

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2009年 02月号 [雑誌]

マガジンハウス
¥ 980

Tags: 建築

_ 宇都宮のハウス(設計:西沢大良建築設計事務所)

設計は西沢大良.場所は宇都宮市の星が丘地区.

間取りはワンルーム.この家は基礎が無いんです.柱も,鋼管があるのみ.そして,側面に窓が無く建具のみ.この建具を全て開けると開放感たっぷり.

天井からのトップライトがよく考えられていて,朝はベッドサイドに,昼はキッチンにと光が差し込みます.建築が行動を教えてくれるんです.

インナーバルコニーがあって,庭の芝生がそのまま取り込まれてます.素敵すぎ.

Tags: 建築

_ House before House (設計:藤本壮介建築設計事務所)

設計は藤本壮介.場所は宇都宮ハウスの隣.

この家はとにかく間取りが複雑.箱が積みあがっていて,箱や箱間に梯子がかけられてて,部屋に入ります.多分,3階建て.部屋を移動するには一度外に出て梯子を使って別の部屋に行くといった感じに.各部屋の中からは木々を眺められるので,外部をとても身近に感じられます.

Tags: 建築

_ コールハウス (設計:藤森照信 + 速水清孝)

設計は藤森照信 + 速水清孝.場所は宇都宮市の清住地区.

焼杉した表面は炭(コール).なのでコールハウスなんだとか.きっと,レム・コールハウスにもかけているんでしょうね.

テーマは洞窟.なので,ドアを意識的に小さくしたり,部屋のコーナーに角度を付けたりと包まれる + 閉鎖的な感じを出してます.焼杉,茶室,素人参加,という藤森照信のいつものキーワードも登場.

リビングにガスストーブがあるんですが,直火が見えてこれにはかなり惹かれました.カナダ製だそう.ストーブのちょっと上には調理スペースもあって,ここで焼き芋ができるそうです.おいしそう.

リビングを出て階段室に入ると寝室への階段と子供部屋への梯子.梯子は大人が登りにくいようにわざと間隔が狭くしてあるんだとか.子供部屋ですからね :-)

寝室を通り抜けると茶室へ.このルートはホストが通るもので,ゲストは外梯子から.茶室から街を見下ろした眺めは気持ちが良いです.それと,ドアノブや取手など各所にあるカワイイ金物も良かったです.

Tags: 建築

_ SUMIKA パビリオン (設計:伊藤豊雄建築設計事務所)

設計は伊藤豊雄.場所は集合場所の今泉調整地.

この作品のみ公道からは見えないところに建ってます.伊藤豊雄らしい幾何学的なデザインと構造.この作品もトップライトがあって,花びらの形.すぐ隣に桜の木があるんですが,花見シーズンは最高でしょうねぇ.

Tags: 建築

_ 正嗣(鶴田店)

餃子を食べに正嗣へ.中心部にある宮島店に行ってみたものの 30人以上の行列.なので,鶴田店の方に行ってみました.

いつもは冷凍のものをお土産として買って帰るんですが,珍しく店内で.餃子専門店なので,ライスやビールは無くて,メニューは焼き餃子か水餃子のみ.

焼き 5枚(6個x5枚=30個)を注文.うう.皮のパリパリ感がたまらない.ただ,接客がアレなのは安い店だから仕方ないのかな ;-(

家で焼くと食べてる最中にすぐに冷めてしまうんだけど,お店のものは冷めにくいような気がします.何かコツがあるんでしょうか.

Tags: food

Powered by 東京アートビート