トップ 最新 追記

おだやかな幸せ


2008-10-01 Wed. [長年日記]

_ デジイチの動画

まずはこちらの動画を...《Sample Video: EOS 5D Mark II

Nikon D90,Canon EOS 5D Mark II など最近発表されたデジタル一眼レフカメラの特徴の一つが動画撮影機能です.

デジイチで撮影した動画ってどんな感じなのか,ちょっと想像が付かなかったんですが,ぽちぽち Web 上に出てきたビデオクリップを見てちょっと衝撃を受けました.民生用の機器だけでこれだけの表現が出来るのかぁ,と.

EOS 5D Mark II のビデオクリップはピューリッツアー賞受賞のカメラマン Vincent Laforet によるプロの仕事とはいえ,まるで映画のような質感はデジイチ動画の楽しさを垣間見た気がしました.

ビデオクリップのメイキングは彼の blog にあります.

Tags: camera

_ FROG / EXAMPLE

元 Cymbals 沖井礼二の初のソロアルバム.解散から 5年弱になる Cymbals の《sine》から《Love You》あたりの懐かしい楽曲を思い出させるアルバム.

Cymbals ファンはいいから黙って聞け!!

Tags: CD

2008-10-04 Sat. [長年日記]

_ 八方尾根の紅葉を見に行く旅

晴れたら紅葉を見に長野県の八方尾根へ,曇りか雨だったら幕張の CEATEC へ,と考えていたら,晴れたので八方尾根へ行ってきました.

自宅〜豊科IC〜八方駅〜兎平〜鎌池〜八方池山荘〜第二ケルン〜八方ケルン〜第三ケルン〜八方池〜第三ケルン〜八方ケルン〜第二ケルン〜八方池山荘〜鎌池〜兎平〜八方駅〜美郷(蕎麦)〜チャオ(ジェラート)〜塩尻北IC〜自宅(659.13km)

八方駅からはゴンドラ + リフト x2 で一気に八方池山荘まで登ります.ここから八方池まではそこそこ整備された登山道.年配の方や家族連れも登れる道です.

40分程登ると現れました.天狗尾根の見事な姿と八方池が.圧倒的な美しさにしばし呆然.表情がある山肌なので見ていて飽きません.

Track は everytrail に.写真は flickr にも.

八方池

Tags: drive nagano

_ 美郷の大ざる

帰りに蕎麦を食べに美郷へ.《美郷

大ざるを注文.この日の天ぷらは桑の葉かエゴマの葉かヨモギの葉とのこと.形からしてヨモギでは無さそう.新そばの少し前の季節でしたが,おいしゅうございました.美郷の大ざる

Tags: food nagano

_ チャオのジェラート

アイスクリームを食べにチャオへ.松本方面へ行ったときの定番です.しばらく行ってなかったので調べてみると,どうやら移転した様子.移転先はJR篠ノ井線の平田駅前でした.店も駐車場も広くなっています.《チャオ

カボチャのアイスクリームと洋ナシのコンポートのシャーベットの組み合わせで注文.どちらもふっくらとしていてふわふわの食感.特にカボチャは濃厚.大変おいしゅうございました :-)チャオのカボチャのアイスクリームと洋ナシのコンポートのシャーベットチャオのカボチャのアイスクリームと洋ナシのコンポートのシャーベット

Tags: food nagano

2008-10-06 Mon. [長年日記]

_ パレード (吉田修一)

吉田修一の 6年前の作品.吉田修一は初めて読みます.

ルームシェアをしている 5人.5人それぞれの目線で描かれた,緩い日常のお話が延々続いた果てにあるもの...

読み返して《確認》したくなります.

Tags: book

2008-10-08 Wed. [長年日記]

_ コトリンゴ / Sweet Nest

コトリンゴの 2nd アルバム.

コトリンゴの曲は初めて聞いたんですが,声や歌い方が原田郁子にちょっと似ているので,クラムボン好きはハマるかも.

Tags: CD

2008-10-09 Thu. [長年日記]

_ 環境活動家のウソ八百 (リッカルド・カショーリ + アントニオ・ガスパリ)

人口過剰の恐怖を煽る人々,地球温暖化論の怪しい根拠,森林破壊はほんとうに進んでいるのか,遺伝子組換え食品は危険なのか,大気汚染は悪化しているのか.グリーンピース,WWF(世界自然保護基金) の話.

科学的根拠が無い話をもとに恐怖を煽って対策を迫り,その結果,犠牲になる人々がいる,というよくある話がここにも.

Tags: book

_ 福田美蘭展@第一生命ギャラリー

福田美蘭展を見に第一生命ギャラリーへちょっと寄り道.作品数は 8点程.

某駅から見える蔦に覆われた安藤忠雄設計の作品がモチーフになっていたものが印象的.場所はここかな??


大きな地図で見る

Tags: art

2008-10-10 Fri. [長年日記]

_ 広告批評 (2008年10月号)

残りあと 6号になった広告批評.今月号の特集は《ファッション・コラボレーション》ということで宮﨑あおいの登場です.

表紙が 3パターンで展開という足元を見られているような企画なんですが,まんまと乗せられ(ry


2008-10-11 Sat. [長年日記]

_ 大谷有花展「フェイバリット!」@高橋コレクション白金

大谷有花展を観に高橋コレクション白金へ.作品は大作を中心に10点程.

大谷有花といえば きみどり色なんですが,個人的には《白いシリーズ》が好きです.今回は残念ながら...

Tags: art

_ 安藤忠雄建築展「挑戦ー原点からー」@ギャラリー間

その後,安藤忠雄建築展「挑戦ー原点からー」を観に乃木坂にあるギャラリー間へ.

会場に着いたら丁度ご本人がギャラリートークをやっていたところ.ナイスタイミング.

目玉は,安藤忠雄の原点である住吉の長屋が会場に原寸大で再現されているところ.大阪の住吉にある実物は外観しか見たことが無かったので,内部空間を擬似体験できたのは良かったです.

他には《安藤忠雄の建築》に収録されている最近の作品を中心としたパネル + 映像展示.光の教会は 1/10 模型を使った展示も.

まだ,行ってないなぁ,光の教会.そのうち,きっと...安藤忠雄建築展「挑戦ー原点からー」

安藤忠雄の建築〈2〉
安藤 忠雄
TOTO出版
¥ 4,935

安藤忠雄の建築〈3〉
安藤 忠雄
TOTO出版
¥ 4,935

Tags: 建築

2008-10-12 Sun. [長年日記]

_ 紅葉を見つつ御嶽山に登る旅

紅葉を見つつ御嶽山に登る旅に行ってきました.3000m 級の山なのに日帰りで行けるのでお手軽です.実は 8月にも登ろうとして,天候が悪化したので断念していたんです.

自宅〜伊那IC〜田の原(7合目)〜8合目〜9合目〜王滝頂上〜剣ヶ峰〜二ノ池〜賽の河原〜三ノ池を見下ろせるところ〜賽の河原〜ニノ池〜王滝山頂〜9合目〜8合目〜田の原(7合目)〜伊那IC〜自宅(707.13km)

この日は風が無い快晴の良い天気.とはいえ,気温は一ケタ台.完全冬装備です.

スタートは田の原から.御嶽山にはいくつか登山道があるんですが,頂上までの距離が一番短いので,田の原を選択.それでも距離は 3.4km 程あるし,標高差は 800m 程です.

しばらくは砂利道をただひたすら真っ直ぐ歩きます.そのうち緩い階段になって,キツイ階段に変わっていつの間にかゴツゴツした大きな石を渡り歩くという感じ.8合目に到着するまでが一番ツラくて,常にハァハァ.

8合目から先は岩場をひたすら登っていくという状態.キツくは無いんですが,空気が薄い分,呼吸が速くなり体力を消耗します.後ろを振り返ると見晴らしが良い景色.休み休み登っていきます.

登り始めて 2時間半程で王滝頂上に到着.地獄谷方向には硫黄臭い火山ガスが噴出す荒れ果てた山肌が広がっていました.

更に上にある剣が峰が見え,正直,え〜っ,って言いそうになりましたが,休憩してから再び登って 30分程で到着.青い池と山々が広がっている,待ち望んでいた景色がそこにありました.賽の河原経由で三ノ池を見下ろせるところまで足を伸ばし,折り返して下山.下りは王滝頂上から田の原まで 1時間30分程.

山と池の組み合わせは素敵すぎです :-)

FlickrEveryTrail にもね.

二ノ池

Tags: drive nagano

2008-10-13 Mon. [長年日記]

_ TOKYO 建築 50 の謎 (鈴木伸子)

著者は雑誌「東京人」の中のひと.

業界誌のコラムをまとめたものなので多くを期待してはいけないのかもしれないけれど,これはちょっと内容が浅くて薄すぎ.多少の tips は得られるかもしれないけれど.

Tags: 建築 book

2008-10-14 Tue. [長年日記]

_ 野球人の錯覚 (加藤英明 + 山崎尚志)

野球の解説で良く言われる「このゲッツーは大きいですね.試合の流れを変えますよ」や,ミスの後の「こういうことをやっていると次の回あたりに危ないですよ.流れが完全に相手方に行ってしまいましたから」.あるいは送りバントは有効な戦術なのか,ラッキーセブンは本当に点が入りやすいか,など数々の「勝利の方程式」や「野球のジンクス」など野球の通説を実際の試合データをもとに分析した結果がまとめられています.

よく聞く通説がことごとく否定されていく様は読んでいて気持がいいです.とはいえ,「ノースリーになったら打つべきではない」など,いくつかは相関がある通説も.

野球以外のスポーツでの通説も気になるところです.

Tags: book

2008-10-18 Sat. [長年日記]

_ 那須岳に登る旅

ちょっと那須方面へ.

沼原(ぬまっぱら)駐車場〜白笹山(しらささやま)〜南月山〜日の出平〜牛ヶ首〜茶臼岳〜牛ヶ首〜姥ヶ平(うばがだいら)〜ひょうたん池〜沼原湿原〜沼原駐車場

ルートは,ロープウェイで登るコースではなく,沼原から白笹山・南月山を経由するマイナーなコースを選択.

白笹山まではかなりの登り.それ以降は牛ヶ首まで多少のアップダウンはあるものの,ほぼほぼ平坦です.南月山から先は視界が開けるので,茶臼岳を見ながら気持ちよく歩けます.茶臼岳は今でもあちこちからもくもく噴煙を上げているので,硫黄の臭いがプンプンと.しかも途中,噴煙をもろに浴びながら進む道があったり.頂上を経由しながらぐるり一周し,姥ヶ平方面へ下っていきます.

天気は一日中快晴で申し分無し.残念ながら紅葉は1〜2週間遅かったようで,既に終了していたのはただただ残念.朝日岳と三本槍岳の方も楽しそうなので,またそのうち...

FlickrEveryTrail

ひょうたん池と茶臼岳


2008-10-22 Wed. [長年日記]

_ 日本語のゆくえ (吉本隆明)

著者の母校である東工大での「芸術言語論」の講義録.共同幻想論の入門書としてもとっつきやすいかも.

夏目漱石の「三四郎」「彼岸過迄」について,言語表現が良い箇所と作品のモチーフが一致していないことが世界的作品に成り得なかった,という見方は興味深い話です.

Tags: book

2008-10-25 Sat. [長年日記]

_ ゆらぐ脳 (池谷裕二 + 木村俊介)ゆらぐ脳 (池谷裕二 + 木村俊介)

脳研究に関するトピックだけではなく,仕事論についても書かれていて,むしろそちらの方が興味深かったです.

Tags: book

2008-10-27 Mon. [長年日記]

_ 世帯主 ランバ・ラル

今年も年末調整申請の季節がやって来ました.

去年,代行返上を行ったので厚生年金基金分について,生命保険料控除を受けられるようになりました.某社の某システムの保険控除申請マニュアルをふにふにと見ていたら...

世帯主:ランバ・ラル,扶養家族:クラウレ・ハモン

ツボでした.ここにもガノタが.

Tags: ネタ
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ satot [配偶者じゃなくて扶養家族ってところが忠実:-)]


2008-10-29 Wed. [長年日記]

_ 海街diary (吉田秋生)

すずちゃん,優しい子だぁ...

鎌倉の風景と共に,物語もまた素敵です.

Tags: book

Powered by 東京アートビート