トップ «前の日記(2008-09-11 Thu.) 最新 次の日記(2008-09-20 Sat.)» 編集

おだやかな幸せ


2008-09-15 Mon. [長年日記]

_ 横浜トリエンナーレ 2008

横浜トリエンナーレ 2008 を観に横浜へ.副産物としてケータイ国盗りの一日天下《惣国一揆の鎮圧》というおまけ付き.

今回は会場が新港ピア,日本郵船海岸通倉庫(BankART Studion NYK),横浜赤レンガ倉庫1号館,三渓園,大さん橋国際客船ターミナル,ランドマークプラザ内ガーデンスクエア,運河パークという分かれっぷりで微妙に廻りにくいところが難点でしょうか.それと正直,これまでの 2回と比べて作品が難解になっているような気が.

新港ピアの会場構成は西沢立衛によるもの.裏の通路のようなところが所々にあり,そこを通って見れる作品があったりと構成のうまさを感じました.ここで NHK の英語でしゃべらナイトの収録をやっていて,押切もえとパックンマックンのパックンに遭遇.

個人的には日本郵船海岸通倉庫 (BankART Studion NYK) にある勅使河原三郎の作品と三渓園にある内藤礼の作品がダントツで素晴らしかったです.前者は割れたガラスを敷き詰めた直方体の空間での光と音を使ったインスタレーションなんですが,とにかく幻想的で見入ってしまいました.後者は電熱器と細い糸のようなものを使った作品なんですが,電熱器による上昇気流により細い糸が動く様子が想像以上に意外な動きをしたりしておもしろく,見ていて飽きないです.

横浜トリエンナーレのチケットは 2日間有効 (連続しない2日でも可) なので次回は三渓園の紅葉の頃にでも.

Tags: art

Powered by 東京アートビート