トップ «前の日記(2006-04-29 Sat.) 最新 次の日記(2006-05-01 Mon.)» 編集

おだやかな幸せ


2006-04-30 Sun. [長年日記]

_ かなり西への旅(Day 2)

海の色がエメラルドグリーンなのは,きれいな海水と白い砂があるから.

山口〜R9〜R435〜r32〜秋吉台〜r32〜r28〜r241〜長者ヶ峯〜長者ヶ森〜r241〜r28〜R191〜r283〜シーサイドスクエア〜浜屋〜r283〜青海島〜r283〜R191〜r66〜日置風力発電所〜千畳敷〜r66〜龍宮の潮吹〜r66〜川尻岬〜r357〜r66〜R191〜r275〜r276〜海士ヶ瀬公園〜角島大橋〜角島燈台〜r276〜牧崎風の公園〜r276〜瀬崎陽の公園〜r276〜r275〜R191〜r247〜r34〜R2〜r57〜火の山パークウェイ〜火の山公園〜火の山パークウェイ〜R2〜関門国道トンネル〜R2〜門司港

風がとても強い日.千畳敷で飛ばされそうになるくらいに.

目下の悩みは,USB mini Cable を忘れてしまったので,Garmin から GPS Log が取り出せないこと.デオデオには置いてなかったし...

Tags: drive travel

_ 秋吉台

晴れた日なんだけど,遠くが霞んで見えるのは何のせい? ずっと見ていても飽きない,不思議な光景.

時間のあるときは,いわゆる展望台だけではなく長者ヶ峯へ足を伸ばしてみるのがオススメ.高い位置にあり,違った角度からの景色が楽しめる.

長者ヶ峯からは目の前にある長者ヶ森まではちょうど良い散歩距離.長者ヶ森は秋吉台付近にある唯一の原生林で,周りは草原なのにそこだけ木が生い茂っているエリア.

秋吉洞はスルッと素通り...

Tags: drive travel

_ うに釜めし@浜屋

青海島へ行く前に腹ごしらえ.店に入った時はお昼前だったんでヒトがポツポツ程度だったけど,お昼が近づくにつれてヒトがわんさかわんさか.

注文を受けてから作り始めるので,出てくるまで 20分程.ウニと一緒に炊いたご飯の上に,更にウニが満載.味は,塩っぽくなく,磯っぽくなく.意外とあっさり.個人的にはもう少し濃厚さが欲しかったかも.

釜飯なので最後に「おこげ」が楽しめるんだけど,こげたウニの風味とご飯のカリカリした食感が絶品.おいしゅうございました.

_ 龍宮の潮吹

海がおだやかなので,潮吹は見れず.ゴツゴツした岩が特徴的な,この付近の景観.鳥居のトンネルは京都の伏見稲荷大社を思い出す.この近所の川尻岬が本州最西北端の地.

Tags: drive travel

_ 角島

角島は日本海に浮かぶ島.2000年に本州と角島大橋で結ばれる.離島と本州を結ぶ橋として,当時は日本一長い橋(1,780m)だったけれど,現在は古宇利大橋(沖縄県)追い越されて 2位となってる.本土側には海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん),島側には牧崎風の公園があって,それぞれから橋を眺められるようになっている.

海上に架かる,かなり長い直線の橋なので走っていて気持ちがいい.このあたりの砂浜は白い砂で水も透き通っているので,海がエメラルドグリーンに見える.

島の北西にある角島燈台は石造りの燈台.高さは地上から 30m 程あるスリムな形.

映画「四日間の奇蹟」のロケが行われたらしい場所があったりしたがまだ見てない.

夕方であれば牧崎に立ち寄るとキレイな夕焼けが見れるんじゃないかと.

Tags: drive travel

_ 関門橋

火の山公園から関門橋を眺める.上から見下ろしているせいか,九州がかなり近くに見える.

高い位置にある展望台はガラス張り.写真を撮るには,展望台の少し下にある展望スペースからの撮影が良さげ

火の山公園まで登れる火の山ハイウェイは,4月1日に無料化したばかり.頂上付近にある駐車場の設備の良さだけでもお得感大.

Tags: drive travel
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ おかん (2006-05-01 Mon. 13:47)

えぇー?! ずい分遠くまで行っているのね〜<br>こちらは、昨日は千葉・道の駅めぐりをしてきましたよ。<br>おかげで、新鮮な野菜とお魚をたくさん買いこんで。<br>連休後半でも、遊びにいらっしゃーい。

_ satot (2006-05-01 Mon. 17:48)

USB規格準拠ミニBならどこかに売ってるでしょう。デジカメ用を流用するとか。特殊形状だったらGarmin取扱ショップに聞いてみては?<br>http://www.iiyo.net/dealer/

_ (2006-05-01 Mon. 22:01)

後は,おみやげに飲み物を買って来いということなのかな.やっぱり焼酎なのかな.


Powered by 東京アートビート