トップ «前の日(03-19) 最新 次の日(03-21)» 追記

おだやかな幸せ


2006-03-20 Mon.

_ 関東の富士見百景

4連休3日目.春の嵐ふたたび.

久しぶりに茜浜に行ったら「関東の富士見百景」なんて看板が.国土交通省の地域振興施策の一環みたい.百景と言いつつ 28% 増しの 128景になってる.

ところで,「冨士見」なの? 「富士見」なの?

Tags: life

_ design!

イトーヨーカドーのウサギのキャラはなかなかカワイイんだけど,誰の作品なんだろう.

Tags: キャラ

_ Picasa で RAW 画像

Picasa で RAW 画像を扱えることを今更ながら知る.プラグイン等は不要で,そのまま読み込めます.


2007-03-20 Tue.

_ ごとごと揺られる火曜日

神戸に行く予定だったけれど,京都・大阪と歩きすぎで疲れたので,そのまま帰ることに.ええ,大阪->東京 18きっぷの旅です.おかげで読書がはかどります.

Tags: life

_ ハーバード MBA 留学記

読んでいるときに何か違和感を感じながら読み進める.後からわかったんですが,blog をまとめたものだったのね.

贅沢な授業の一端を垣間見る.いや,スゴい世界があるんですねぇ.PE といえばプライベート・エクイティ,というのは遠い世界*1.馴染の薄いファンドの世界やアントレプレナーの世界の話は興味深かったです.

Tags: book

*1 PE といえば Provider Edge Router :-)

_ 反社会学講座

やや強引な理論展開と軽いノリが笑えます.

Tags: book

2008-03-20 Thu.

_ 春から遠ざかる木曜日

これからしばらくはゆっくり休むことができなくなるのかなぁ,と思うと貴重な 4連休の初日.昨日からの雨と強い風ですっかりおこもりの一日.

Tags: life

_ アヒルと鴨のコインロッカー

あの原作をどう映像化してあるのか楽しみだったんですが,そう来ましたかという感じ.

Tags: DVD

_ 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

サトエリの姉役はなかなかのハマりっぷり.ネタバレシーンの演出が軽かったのが残念ポイント.

Tags: DVD

2010-03-20 Sat.

_ 自宅から 6回乗り換えて関西に行く旅 (day1)

元々,18きっぷの消化も兼ねて京都・東山花灯路とケータイ国盗り合戦《龍馬,終焉コース》と《龍馬,航海術と青春コース》に行く予定が,この旅を決めた後になって丁度良いタイミングでケータイ国盗り合戦の《国おこし☆神戸編》イベントが発表になり旅行予定に追加です.

コロプラではお馴染みのリアル店舗と連携した企画ですが,ケータイ国盗り合戦では初めて.コロプラとはまた違った形でやってきました.システムは QR コード + 位置情報という龍馬イベントのときと同じもの.

関西は 25度に迫ろうかという暖かさですっかり春といった気候で少し暑いくらいの日でした.3連休の初日だからか神戸の南京町はぐるり人だらけ.

_ ボックサン三ノ宮店

国盗りチェックポイントの一つ.

ボックサン三ノ宮店は神戸の元町近くにあるケーキ屋さん.1F のケーキ類の販売だけではなく,2F はカフェになっているのでそちらも楽しめます.

ロールケーキが気になったので,こだわりロールケーキ(ノーマル)とこだわりさくらのロールケーキの 2種類をお持ち帰り.

一本まるごとだけではなく,カットしたものも買えるのは何種類か楽しみたいときには嬉しいですね.ふわふわスポンジとしっとりクリームの組み合わせは,なかなか.個人的にはスポンジ+クリームというシンプル構成のノーマルよりも色々追加が入っているさくらの方が気に入りました.おいしゅうございました :-)

_ KOBE とんぼ玉ミュージアム

元町近くにある KOBE とんぼ玉ミュージアムへ.ここも国盗りチェックポイントの一つです.

とんぼ玉についての事前知識は全くと言って良い程何も無かったんですが,作品自体は綺麗で美しくて分かりやすいものばかりだったので楽しめました.

ギャラリーみたいに展示販売的なこともやっていました.勝手に相当高いものなのかと思いながら眺めていたんですが,販売価格を見て逆にビックリ.なかなかお手頃な価格.いつも見ている現代美術の作品を考えると桁が2桁~3桁程違っていた感じ.

とんぼ玉という馴染みが薄い興味範囲の外側にあるものと出会えるのも,こういったイベントの醍醐味でしょうか.

_ 京都・東山花灯路2010

なんだかんだここ 4年連続行っているような気がする京都・東山花灯路

野外作品やライトアップは毎年それ程変化がないんですが,産寧坂にある明保野亭の枝垂れ桜が満開でなかなか.それはもう綺麗でしたよ.

Tags: travel kyoto

Powered by 東京アートビート