トップ «前の日(01-01) 最新 次の日(01-03)» 追記

おだやかな幸せ


2005-01-02 Sun.

_ 今日のドラクエ8

旧修道院跡地をクリア.ククールが仲間に.Lv14.

Tags: game

_ 帰省(その2?)

夕方から実家に帰省.弟夫婦とおせちをつまむ.キムチ鍋,最後の締めはお雑煮という意味不明な組み合わせ.ちょうど用意していた?焼酎の「魔王」があったので頂く.おいしゅうございました.

Tags: life

2006-01-02 Mon.

_ ハウルの動く城/STARWARS episode III/ラブドガン/ホテルビーナス

溜まりに溜まっているDVDを4作品程,ふにふに鑑賞.でも,まだあと9作品程...

ラブドガン,ホテルビーナスはそれぞれ,宮崎あおい,中谷美紀目当てだとちょっと消化不良かもです.ハウルの動く城 STAR WARS episode III ラブドガン ホテルビーナス

Tags: DVD

_ 楽天からのお年玉祭

楽天から2,000ポイント弱のお年玉がもらえる祭.太っ腹ですねぇ.売られた祭は買う主義なので,とりあえず乗ってみる.

昔もどこかでこんな祭があったような...トイザらスだったかな.楽天お年玉祭は1月6日以降にも続く模様.

Tags: memo

_ Datebk6を試用

PalmのスケジューラはDatebk5を使ってるんですが,メジャーバージョンアップDatebk6のbeta版が出ているようなので試用.《Datebk6-v60a-p3-preview

TaskToday表示が追加になったこと,マンスリー表示で予定の内容が表示されるようになったこと,デイリー表示で現在の時間のところが赤く表示されるようになったこと,あたりは便利に.ホームボタンのタップの反応が悪くなるのはbugかなぁ.ちなみにDatebk5との併用は不可.

アップグレード登録するかどうかは,もう少し使ってみてからかなぁ.

Tags: Palm

_ BS-hiのスペシャルライブ

BS-hiは年末年始だからなのか,スペシャル番組が多くって,1日は倉木麻衣ライブ,2日は平原綾香ライブ.マニアックにBモードステレオ放送.5.1chの方が個人的にはウレシイです.

Tags: TV

2007-01-02 Tue.

_ ブレイブストーリー

原作は読んでいないのですが,映画ではかなりの部分を端折っているんじゃないかと.話としては面白いんですが,各キャラの設定,物語の背景に消化不良が多くて...

普段,声優をやらないような俳優ばかりなのですが,そこについての違和感は余り無かったです.「水曜どうでしょう」でおなじみの大泉洋がこんなところにも.

Tags: DVD

_ バタフライエフェクト

いわゆるタイムスリップものですが,必ずしも良い未来になるとは限らないところが,なかなか.「人生は選択の積み重ね」という言葉とバイナリーサーチを思い出します.

Tags: DVD

_ 毎月新聞 (文と絵:佐藤 雅彦)

「情報の力関係」

情報訴求力が 図形>文字 の場合も 図形<文字の場合もあるという話が非常に興味深かったです.「図形>文字」の例としては「左を見よ →」と書いてある紙を見た時,大抵の人は矢印に目がいき,右を見てしまう.「図形<文字」の例としては正9角形の図のキャプションに「正11角形」と書いてある場合,大抵の人はキャプションだけを見てその図形が「正11角形」なんだと判断してしまう.

Tags: book

2008-01-02 Wed.

_ 大大阪モダン建築(橋爪紳也)

かつて大阪が「大大阪(だいおおさか)」と呼ばれ,東京を凌ぐ程に成長していた戦前までの時代に建てられた近代建築のガイドブック.中之島,大阪城,船場,西船場,南船場・心斎橋・難波・天王寺,大阪港-川口の 6エリア,計80作品程が収録されています.

去年,大阪の近代建築を会場として現代アートの作品を展示する「大阪・アート・カレイドスコープ 2007」に行ってきたんですが,その時の会場が多数収録されていて,なんだかとても懐かしい気分.今年も 3月に「大阪・アート・カレイドスコープ 2008」が開催されるようなので,また行ってみたいですねぇ.

Tags: book 建築

2010-01-02 Sat.

_ インスタント沼

麻生久美子がとにかくハイテンション.

三木聡監督との組み合わせなので,時効警察にハマったヒトならきっと大丈夫.

Tags: DVD

_ おと・な・り

ストーリーとしては映画やドラマによくありそうなお隣さんもの.

話の展開がまったりというかゆったりし過ぎなところを途中,関西弁の谷村美月にかなり救われている感じ.

麻生久美子が連続しているのはきっと気のせいです.

Tags: DVD

2011-01-02 Sun.

_ 小谷元彦展《幽体の知覚》@森美術館

小谷元彦展を見に六本木の森美術館へ.写真,インスタレーション,造形など様々な作品が展示されていますが,単純に数で比較すると造形が多い感じです.

中でも印象的だった作品のひとつが《インフェルノ》.床面と天井面が鏡になっていて,壁は全面スクリーン.そのに滝が流れ落ちる映像が映しだされ,水が落ちる速度が様々に変化するインスタレーション.ず〜っと体験していると,まるで巨大エレベータで滝の中を登っていくような錯覚に落ちるという体験は印象的です.

もう一つは《フォロー》シリーズ.気の流れが眼に見えるとこう見えるんだろうなという感じで,その流れの乱れ方がなんとも美しいです.

森美術館を出た後,六本木ヒルズの展望台である東京シティービューに寄り道.晴れて見晴らしは良かったんだけど,富士山が見える程では無かったのが残念なところ.

《inferno》 2010

《Hollow: What rushes through every mind》 (detail) 2010

Tags: art

Powered by 東京アートビート